産まれる前から背が低くても大丈夫

我が家の長男はお腹にいる時にIUGR児(在胎週数より胎児の発育が遅い状態)だと診断されました。担当の産科医からは産まれたら普通に大きく成長する場合と低身長になってしまう場合とあるけれど今は何とも言えませんという話でした。実際産まれた時は臨月で産みましたが身長も低く体重も軽い赤ちゃんでした。本当に心配しました。
幼児期も小学6年生になった今も平均よりも身長は低いですが、健診に引っかかることはなく治療をするほどではありません。
でも小柄という事で本人も気にする場面はたくさんあります。
息子はサッカーをしています。
中学校の部活ではなくクラブチームに行く事を希望して色々なチームのセレクションに挑戦しました。やはり背が低い子供は背の高い子供よりもハンデがあります。実際にセレクションの時に「ちっせー」と後ろから言われたりして悔しい思いもしたようです。その時には私も小さく産んでしまってごめんねと悲しい気持ちになりました。
そこから本人は絶対に夜早く寝る事、セノビックという背が伸びるように作られている市販のヨーグルトを欠かさず食べるようにしています。
私もネットで調べて豆腐、納豆、ひじき、切り干し大根などを積極的に食事に取り入れています。
あと子ども成長サプリメント等も取り入れています。
背は小さくて嫌な思いをする事はありますが、とても元気ですし、運動はすごく得意です。私は背の低い事も個性だと思っています。